カテゴリー「・成人式の準備・小物など・」の1件の記事

2012年・長女の成人式でした。振り袖で準備したもの。

なんだか、久しぶりの更新となってしまいました。

やはり、わたくしも人の子でしょうか。
なんとなく、体調に不安が・・・

 

20120106085000000001 新年、お初のブログにより、辰の画像。

さてさて、長女が成人式を無事迎えることができまして、
その、準備・・・経験された方はお解りと思いますが、
な~んだかね~大変でした。

・高校生になったと同時に鳴り響く 振り袖勧誘電話。

・引っ切りなしに届くDMの数々・・・

レンタルも 良いと思う柄ゆきは20万円位。

買うとなったらね~、その、倍以上。

ようやく、大学1年の夏から、振り袖選び開始。
わたしの振り袖は、柄が嫌い!と、拒否。

それゆえ、2件の呉服屋へ足を運ぶ。

それでも決まらず、悩んでいたら、
ご近所の友人のお嬢さんの振りそでを一式貸してくださることに!!

これぞ天の助け。柄行きも、気に入ったようなので、
勿論、お借りしました。

・あとは、美容院と、前撮りの写真館決め。
 これも、ご近所にあったし、写真館は平日特価日に予約しました。

呉服屋さんによっては

レンタルや、買い上げだと、
ヘアメイク・前撮りなどセット料金になっているところも。

成人式当日の、ヘアメイクは別料金
髪飾りも買い取りで。
という場合もあるので
良く、確認されたほうがよいです。
小物なども、念を押したほうがよさそうです。

ちなみに、写真館は、着物持ち込み料金
 ・着付け・ヘアメイク・撮影込みで5.000円でした。
+プリント料金なので1ポーズ当たり5.800円
プロのカメラマン撮影なので、

沢山ほしくなり、4ポーズ注文してまった~。

当日の美容院代金は相場で18.500円(メイク・着付け込み)ですが、
当日は、
本人がメイクしたので、ヘアと着付け代14.000円でした。
髪飾りは生花をあしらって下さいました。




・・・当日までの母の大変さをちょっぴり書きましたが、
いえ、沢山お嬢さんにお金をかけて差し上げれる場合、
さほど、苦労はないとわかりますが、我が家はだめです。

さて準備編へと 続きます----------------------------

ぱっと見て、必要なもの

振りそで

帯揚げ・帯締め
半衿・かさね衿

バッグ
足袋
草履

髪飾り
定番のふわふわショール

当然、長じゅばんも、必要です。

その着物の中身、いぇ、補正ですね。
2012011208420000_2

紐3本ほど
・三重紐1本(飾り帯を結ぶのには欠かせません)
薄手のタオル3枚・だて締め・ゴムの付いただて締め
コーリンベルト
肌襦袢・裾よけ

pencil肌襦袢の中に
キャミソールなど汗取りや保温のための肌着を着用します。
裾よけの中は、スリップや
寒ければ股引?みたいなのを履いてもいいかも。

2012011208470000_2
続いて、芯にするもの。衿芯・帯枕・帯板

2012011210200000
お尻の部分に補正をする、クッションみたいなのもあります。
着付師さんにより、使用したりしなかったり。
なくても、タオルでできます。
このほかにも胸の部分の補正なども販売されていますが、
補正品については事前に必要なものを問い合わせたほうがよいです。
2012011208540000
帯揚げ・帯締めのほかに、顔周りを華やかにするものに
重ね衿や、刺繍の半衿を揃えました。

ざっと、こんな流れでしょうか・・・
P1000373_3
2012年 成人の式典へ向かう娘の後ろ姿。
遠くからパシャリ。
あの角を曲がった入口は新成人達でごった返しています。

向こうに見える赤いスライダーは 北名古屋市ジャンボプール。

Photo_4 生花の髪飾り。 華やかですね。

それから、着くずれですが、襦袢に引き布が縫い付けてある場合は
そのままで使用してもらいますが、

もし、付いてなくて紐を縫い付けても良い襦袢なら、
補正紐とは別の紐を縫い、着付ければ、
長い時間でも着くずれしません。

Photo_7
2    


| | コメント (2)