カテゴリー「*子供・手作りゆかた*」の12件の記事

簡単?子供手作りゆかた*1

Yukata
sun来るべき、夏祭りの為に。 ミシンで、縫います。
 90サイズまでなら、洋服地(110巾)2mで出来ますよ。
(図は、クリックしていただけば、拡大します。)

 90サイズで肩揚げ、腰揚げをし
出来上がりは着丈75cm程です。
肩当て、居敷当ては、今回は付けません。

サイズの決め方ですが、
来年も着用してもらいたい時は
ワンサイズ大きめを作り、揚げをおおめに
すると
良いですね。
KIDSは成長が早いですから・・・
うらやまし~happy01


*材料*  
洋服地など。木綿の平織りや、サッカー地など
紐(別布)20cm×80cm
接着芯 10cm×20cm
ミシン糸・縫い糸(生地に色より少し淡い色が良い)
ボール紙などの厚紙

*道具*
ミシン(勿論手縫いでもokですよ)
裁ちばさみ
糸切りばさみ
標付け用 
(チャコ・チャコペン・切りじつけをするなら しつけ糸)
ものさし
メジャー
ミシン針
縫針
待ち針(10~20本)
アイロン
(あれば)かけはり、くけ代

(マグネット・うっかり落としてしまう針をキャッチしてくれます)
2

≪90サイズの裁ち合わせ図≫
布を一枚に広げて標を付けます。
グレー実線にはさみをいれます。(単位:㎝)
390
 














---------------------------------------
≪100~130サイズの裁ち合わせ図≫

100~130サイズの生地の用布量は(巾110)340㎝~400㎝。

残布が出るので紐は同じ布でとれます。
接着芯は20cm×11cm必要です。

生地の幅を縦半分に手前に折り、袖の長さ分を
右の方へ折ります。
袖の部分の布は4枚になっています。
くれぐれも、『わ』の部分は切らないでください。
標をつけてから、

グレーの実線にはさみを入れます。 (単位:㎝)
100130_2









番号
はパーツを縫う順序です。次回は標を付けます。↓
Photo_2

| | コメント (17)

簡単?こども浴衣作り*2

標をつけましょう。図はワンクリックで拡大します。
  
    標付けの順番は
①袖②身頃③衿④共衿⑤紐です。

clip合印/(ピンク色で示した標)は、縫い合わせる時に、
  大切なので、必ず付けます。  
  (数字は、小さい順に90~130サイズです。)
--------------------------------------
Photo_6
袖 --2枚Photo_7
Photo_3  

②見頃--2枚
 
前身頃の
カーブ部分の
 ●の長さを測ってメモしておきます。
 標が付いたら、はさみを入れます。        
  
3_2
   
A_5_2 
1


衿--1枚

Photo_9 

共衿--1枚
Photo_13 
⑤ひも--2本
Photo_12_4      
次回はいよいよ縫製です。

| | コメント (0)

簡単?こども浴衣つくり・3

合標どおしを合わせて縫い作業開始です。
縫い始めと縫いおわりは、返しミシンでね。
11_3








背縫い。
 後身頃の背中心を袋縫いします。 標より0.2cm控えて縫います。

12_2132〇縫い代を手前に折り、
 標どおりにアイロンで押さえると、
 キセがかかります。左右に広げます。

つまみおくみ縫い。
  おくみの縫い代をつまんで、
  標より0.2cm控えてまで縫います。
3_4   
おくみ側に縫い代を 倒し、標どおりにアイロンをかけます。
4_5 脇を縫います。
 
脇が断ち目のサイズは、面倒ですが
  ジグザグミシンをかけます 。
2_2 
〇肩山を中心に身頃を中表にして、
 身八ツ口止まりからまで標より、0.2cm控えて縫います。
  縫い代は前身頃のほうへたおし、
  標どおりにアイロンをかけます。

おくみ衿下を三ツ折りにします。
4_4

   
裾の額縁縫いをします
 
(折り目が額縁の様になるのでこう呼びます)
  裾の縫い代の巾をチャコなどで
  二等分に標を付け、裾の向こう側の裾の衿下までアイロンでおさえす。

6photo_8 5_3   便利グッズ(?)長い直線にアイロンをかけると、
  つい、ラインが曲がりがち。

(折幅と同サイズのボール紙を作ってアイロンをあてれば曲がりません。)
7img_0009
 
   次回は、衿、袖・・・と続きます。

| | コメント (0)

簡単?こども浴衣作り・4

共衿を衿に付けます。                   
 共衿の両端を出来上がりに折ります。
1_5    

 衿の中心と、共衿の中心を合わせて共衿の
両端の奥をまつります。
13


〇衿と身頃を中表に合わせ、
 背中心から衿のまわり(衿肩まわり)に待針をうちます。
2_4 

  衿の中心と、身頃の背中心。
 ②衿の合印とおくみ付け止まりの合印を合わせます。
  衿に0.5cmゆるみをとってあるので、いせこむ 感じで、
  番号順に待ち針をうちましょう。
 は①と②の間
 は②と③の間でなるべく均等に針を打ちます。

合印から衿下まで待ち針をうちます。
 身頃と衿のつりあいは同じ(平らなつりあい)です。
3_3
〇左右の衿①~⑨ ①~⑨ の待ち針が打てたら
 しるし通り
縫います。
〇縫えたら、縫い代を衿側に倒して
 0.2cmのキセをかけアイロンをします。
-----------------------------------------------------------
 
アイロンでキセをかけ、表に返した画像です↓
41

〇裏に返して衿回りに接着芯を張ります。
5_2
piscespiscespisces
〇衿を出来上がり幅に折りアイロンをします。
6_2

○折り目が付いたら、いったん裏に返し衿先を縫います。
7_6    
標の0.5cm外側を縫います。この形の状態でアイロンをします。

もう一方の衿先も同様です。

〇そぉっと、衿を表に返し、まつります。
Photo_20_3
--------------------------------------------
91   

『かけはり』登場eye

まつるか、くけるなどして、衿を身頃に縫い付けます。
・・・sandclock・・衿が付きました。
形になってきましたね。
次は袖、紐、揚げへと続き。やっと最終ですhappy01

| | コメント (0)

簡単?こども浴衣作り方*5

袖付け側はジグザグミシンをかけます。
1_2 

縫えたら、袖口の合印の縫い代に切り込みを入れます。

カーブ部分をぐし縫いしギャザーを寄せます。
厚紙を挟み形どおりに引き締めます。
Img_0012

標どおりにアイロンをします。
袖口が輪の状態になったので、ぐるりと標どおりにアイロンをします。

pencilpoint!
もう一枚の袖も同様ですが、縫い代を倒す向きがあります!!
 ↓参考に。
Img_0013_2 


clip縫い代が倒れているほうが、袖を付けるときに前袖に
  なるほうです。
  そっと表に返しもう一度アイロンをします。


を付けます。
身頃を裏返しにします。
身頃(中表)の肩山と袖山(外表)、袖付けの合印を合わせます。
(この様な状態にします↓)
Photo_8_3   

| | コメント (2)

簡単?こども浴衣作り6*最終編

肩揚げ・腰揚げをします
 ゆき丈と着丈を測ってあげましょう。
Photo_14
(*算出法)
〇腰揚げ
出来上がりの身丈-測った着丈け=揚げの分量

揚げの分量の1/2が腰揚げの深さ
〇肩揚げ
出来上がりのゆき丈-測ったゆき丈=揚げの分量
揚げの分量の1/2が肩揚げの深さ


余談ですが、夏に着用する単(ひとえ)の物なので
丈はちょっぴり短めが可愛らしく涼しげですよ。

腰揚げ
1_1_3
1_2_6 1_1_1

1_3_2 
肩揚げ
                          
2_2 2_1
↓たとえば、揚げの深さが7cmの場合、こんな感じです。

2_3_2                                  以上です。
お疲れさまでした。
可愛らしい ゆかたが出来上がったでしょうか。
判りにくい表現はご勘弁ください。
コメントを頂ければできる限りお応えいたしますので、
ヨロシクお願いします。
 ご覧いただきまして本当にありがとうございました (*゚▽゚)ノ

| | コメント (0)

7/2浴衣の作り方。ご質問のお応え。

ご質問ありがとうございました。

袖の幅。見頃の幅。確かにわかりにくかったかもしれません。

このような表記でわかるでしょうか・・・

Photo_5









| | コメント (0)

簡単?ゆかた作りの、ご質問のお応え。

『簡単?子供ゆかた作り』への、
たくさんのアクセス本当にありがとうございますhappy01

『ひも付けについて』、ご質問がありましたので、

お応えします。

ひもを、筒状に縫うと縫い目側と、わになります。
衿に縫いつける際、縫い目を女の子は上向き。
男の子は下向きになるようにします。

和裁での昔からの、決め事みたいなものです。

Photo_3
  Photo_5
    こんな感じです。

| | コメント (0)

浴衣の残布で、お揃のかご巾着を作りました

039 
大人用の浴衣を作りまして、
40センチ程生地を残し、かごを作ってしまいました。
内布は、いつかの残り生地。
037
ケータイ入れまで付けちゃった・・・
かご部分は百均のペーパー素材のもの。

材料:表布 40㎝×浴衣並幅(36㎝)
      ・幅を半分にし、はぎ合わす。これが高さになる。
    裏布 60㎝×18~20㎝
       携帯入れ用布 14㎝×10㎝
    かご 1個 15㎝角
   江戸打ひも 1本
   布用ボンド(耐水性が良い)
   手縫いの糸・針(ミシン)

   あれば、とんぼ玉や、ウッドビーズ

下準備:
3_2

    
   











-----------------------------------------
 
1_4
------------------------------------------
3_2   
--------------------------------------------
縫う・・・縫い目はすべてアイロンをしてね。

1.ひも通しは、5㎝幅を半分にし、長さ(点線部分)を
 端から端まで縫います。縫い目を手前に倒してアイロンをし
 表にひっくり返します。8等分に切ります。

2.表生地は▼印を合わせ端から端まで縫う。
 表生地の口側になる方に、ひも通しを
 等分に縫い付けます。
2   

3.裏生地は、携帯いれを、裏生地の表側に縫い付けます。
 ◆印を合わせ端から端まで縫います。
 底面を縫い、まち部分を縫います。
Photo_3

4.いよいよ、かごと表生地合体です。職人になった気分・・・happy01
 表生地を中表にして、かごに縫い付けます。
 
縫えたら、縫いしろにボンドを着け強化します。
032
---------------------------------
037
5.裏生地、表生地を印通り裏に折り込み888
 お互いの口側と縫い合わせます。
 私は、携帯入れの布を大きめにして、
 ペン入れにしました。
6.ひもを通して出来上がり。
 お好みで、ウッドビーズやトンボ玉など通すと、
 チャーミングです。


   

| | コメント (0)

簡単?子供ゆかた作り*3

合標どおしを合わせて縫い作業開始です。
縫い始めと縫いおわりは、返しミシンでね。
11_3








背縫い。
 後身頃の背中心を袋縫いします。 標より0.2cm控えて縫います。

12_2132〇縫い代を手前に折り、
 標どおりにアイロンで押さえると、
 キセがかかります。左右に広げます。

つまみおくみ縫い。
  おくみの縫い代をつまんで、
  標より0.2cm控えてまで縫います。
3_4   
おくみ側に縫い代を 倒し、標どおりにアイロンをかけます。
4_5 脇を縫います。
 
脇が断ち目のサイズは、面倒ですが
  ジグザグミシンをかけます 。
2_2 
〇肩山を中心に身頃を中表にして、
 身八ツ口止まりからまで標より、0.2cm控えて縫います。
  縫い代は前身頃のほうへたおし、
  標どおりにアイロンをかけます。
おくみ衿下を三ツ折りにします。
4_4   
裾の額縁縫いをします
 
(折り目が額縁の様になるのでこう呼びます)
  裾の縫い代の巾をチャコなどで
  二等分に標を付け、裾の向こう側の裾の衿下までアイロンでおさえす。


6photo_8 5_3   便利グッズ(?)長い直線にアイロンをかけると、
  つい、ラインが曲がりがち。

  ボール紙と折幅と同サイズの型紙があると便利です。
7img_0009
 
   次回は、衿、袖・・・と続きます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧