« 宛名不完全で配達出来ません〒・・・トホホ | トップページ | MINNEお問い合わせ下さるお客様 ありがたいです♡ »

規正ドレスをカスタマイズ+α(裾トレーン無し) サッシュベルトも

P1020269

 

妻となり29年。あの日 神父様の御前で 誓った
『苦しいとき 病めるとき 共に歩む』
このお言葉を かみしめかみしめ  別れず頑張った(苦笑)
4年前 夫が病に倒れ闘病中。だから今も妻として寄り添い支えている。
ふたりの歴史があるし、私が選んだ 私のさだめだもんね。

 

さて、長女27才。嬉しいことに結婚相手がみつかり、式場も決まった。
カラードレスどしよっかな。。。と悩む彼女。
私が、自分の披露宴ドレスは縫ったよ。と告げると私も縫う!とは言わず、
 『じゃあ作って~』
えっと・・・ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌

 

-------------------------------------------------------
今の時代は 生地集めからするより 
(高価な生地にこだわらなければ)規正のドレスが 
色もデザインも豊富で安価。これを利用させて貰わなくっちゃね。
パニエ同時購入。

 

Photo

 

ドレスショップショップTブライトさん

いつもお世話になってる生地のノムラテーラーさん。

花柄のオーガンジーをオーバースカートにしちゃいましょう。。。 と

 

安易に考えましたが、気に入った生地が品切れ・・・、
発注品はイメージと違っていたので内側に入れるという大工事になりました。 (最上画像参照)

二の腕見せたくない。ショールみたいなブラウス着たい。
ボレロ風ブラウス  型紙から作った・・・(最上画像参照)

 

との花嫁さんのご要望で。

 

本題:スカート用布量と、悪戦苦闘記を

 

○9号サイズのトルソー(普段MINNEで使ってる)に着せてみる。
  ドレスサイズは9~11号

 

○ドレスサイズを採寸。ウェストギャザー分。スカート丈。スカート裾の円周。

 

市販の生地の幅は110cmなので7枚はぎか8枚はぎか迷い
ギャザーで縫い目は目立たないし、計算しやすいから8枚はぎに。

 

下図が用布量などです。裾丈がもっと欲しい方は置き方や 
はぎ枚数も違ってきます。

 

○作りたい裾幅(円周)とスカート丈を元に

 

スカートの扇形型紙と 布幅の縮尺図を作って置いてみて確認。
概ねの用布量がわかりますね。

 

実際の型紙は身近な新聞紙を張り合わせ大きくしました。

 

Doess

 

Photo_2

 

ビスチェとスカートの合体部分を離す。簡単に書くけど、後ろにはジッパーが・・・
とにかく綺麗に外す。本人が着る舞台衣装なら簡単にちゃっちゃと
誤魔化すんだけど。

 

今回は結婚式場だし、ウェディングスタッフさんの着付けです。

 

たぶん、きっと裏側なども見られる・・・

 

テキト-は許されん。きっちりやるぞ!

 

Photo

 

Photo_2


Photo_3
新たなスカート布縫製。

 

Dsc_0126_2

 

Photo_4
P1020276
合体図デス。。ゼーゼーぜー

 

P1020270

内側がこのように・・・↑

 

サテン地でサッシュベルトも作った。ボレロの生地が余ったのでレースも足してみた

 

Photo_3留めるのに・・・100円ショップでワンタッチスナップを発見。少しかさばるかも。

 

挙式当日 ウェディングスタッフさんから 多くのお褒めの言葉をいただきました。
「裏も完璧です!!」て。テキトーにやらなくてよかったなぁ
お世辞でも 嬉しかったです。

 

花冠も 100円ショップ材料で 作ってみた。

 

P1020267_3Dsc_01421

リボンの作り方は・・・いつの日か



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 宛名不完全で配達出来ません〒・・・トホホ | トップページ | MINNEお問い合わせ下さるお客様 ありがたいです♡ »

<15>ウェディングドレス カスタマイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宛名不完全で配達出来ません〒・・・トホホ | トップページ | MINNEお問い合わせ下さるお客様 ありがたいです♡ »

フォト

minneにて販売中です

手芸の事なら・・・

....和柄生地

無料ブログはココログ