« 毎日お弁当お疲れさまです。 | トップページ | 中学校の講習へ出かけました・ミサンガ作り »

京都一日旅・龍馬ゆかりの地をたどったぜよ。

京都は、『薩長同盟』
『船中八策』により大政奉還へと導いた
土佐出身・龍馬さんにとって最期の地。

NHK龍馬伝で、ファンになってしもうた友人達と、
ついに、京都旅を実現したがぜよ (*´v゚*)Kamon_2                           -----タイムスケジュール------

-----○7:37名古屋発 8:11JR京都駅着  カフェでお茶

 

Photo_3京都駅前案内所(バス総合案内所)で20人程の列に並び
市バス・1日乗車券カード(500円)を購入。

これ↓で220円区間を1日乗り放題1_4 です。
1_2

同時に市バスの路線図をいただけます。
市内バス路線図、時刻表については、『洛ナビ』の事前検索が便利でした。
京阪電車検索は、こちらから。

さて、いよいよ『なんちゃって歴女'S』出発です。


目的〈1〉 ・・・龍馬坂・龍馬のお墓・幕末維新霊山歴史館
        ・明保野亭


○-----9:30 京都バスターミナル
         北大路バスターミナル行き
         
         途中、車窓から三十三間堂を眺める。
9221  
       -----(約25分)東山安井 下車Photo_3                    大東寺通りを折れ、坂を上がる。
         石畳の一念坂を歩く。
         二年坂へ向かう人の群れとは離れ龍馬坂へ・・・
         途中、
         出会った上品なおばあさまが声をかけて下さった。
         
         『そっち行っても、お墓しかあらしまへんで(*^.^*)』

               ・・・お墓が目的なんです。。。
         
        
 名古屋から来たと話すと、
                   その方のご自宅では烏帽子を作り、
         名古屋・熱田神宮へ納めているとの事。
         (
いつか烏帽子工房観たいナ~。)
         おばあさまと、別れ・・・    さて、見えてキマシタ。

                石碑:幕末志士葬送の道
 近江屋で命を落とした、中岡慎太郎 坂本龍馬を
         お墓まで、送ったと言われる坂の途中・・・
   
09451_2                          
                 龍馬坂
           新緑の季節というのに落ち葉が
           悲しみを誘います・・・
           ここを上がりお墓へと歩きます。
ゼーゼー
095431○-----10:00 明治維新史跡 着 09591_2 10001 10021 可愛らしいキャラ旗に出迎えられ、お墓へ・・・
10111_2        前面に、海援隊・坂本龍馬(左)
             陸援隊・中岡慎太郎(右)
      
       二人を支えるごとく、背面には
       明治維新誕生に尽くした1356名の御霊が
       祀られています。
          小鳥のさえずりだけが聴こえる
            とても、閑かな場所でした。

       頂上に桂小五郎(木戸孝允)、妻・幾松の墓があります。

     
Reizan22        10361                                       維新の道

 

       幕末一色のこの日の私たちの目に飛び込んだ
       外国の方の写真入りの
       立派な石碑が小高い場所にありました。

                    パール博士1
     東京裁判で法に基づき日本人無罪を唯一唱えた方です。

 

○-----10:35 幕末維新ミュージアム霊山歴史館 着 

       現在、新撰組特別展です。出入り口に
『誠』の旗が・・・
       龍馬さんの、特別展は、終了してはいましたが、10351

       出迎えてくれました~!!
             
 OH!Mr.RYOMA!!ほぼ等身大だよ~。

 

10371       ここは日本で唯一、幕末維新総合博物館。

       着目したのは、
       近藤勇の妻がどくろマークを刺繍した稽古着。

       『いつ、なんどきも覚悟を決めている。』

       という意味深い刺繍だとか。

       現在スカル柄は、
       ファッションアイテムですけど・・・ 
     
       2階奥ショ-ケース内に、龍馬さんの蝋人形がいました。
       親子連れの観覧者が何組も通り過ぎる間、
       立ち止まって見つめておりました。

       だってね、2メートル程離れると、視線が合っちゃう。
       何か、話してくれそうなんです。
       着物の袖口から覗く
       腕の血管が素敵~(密かな腕フェチを、再認識)

Photo_4

    予定が詰まっているので、うしろ髪ひかれつつ・・・

   ・・・京都らしいお店が立ち並ぶ坂を歩く。歩く。歩く。

2 ○-----11:35 明保野亭 着
        11341  11141_2
         お値打ちな明保野亭ランチ1575円をいただく。
    お漬物も、炊き合わせも、おいしゅうございました。
    麩まんじゅうも入ってお得感たっぷりでした


    ここは幕末志士達の会合がしばしば持たれた料亭です。

    司馬遼太郎著『龍馬が行く』では
    龍馬と、お田鶴さんの
密会場所・・・

      
現在より少し移転しているそうです


目的〈2〉寺田屋・龍馬通り商店街・龍馬館

○-----12:40 市バス東山安井 乗車
         ---(約20分)七条京阪前 下車

         -京阪電鉄七条
淀屋橋行き乗車(10分)-中書島下車
Photo_6  駅から商店街方面へ歩く・・・
13141_2     居酒屋『りょう馬』の正面の中華料理屋さん『揚子江』を右。
    角を左へ折れると、爽やかな淀川が現れます。
13171     豊臣の時代、この付近は治水が盛んに行われました。
    江戸時代の伏見は大阪と京都を結ぶ
    舟運の港町として繁栄。
    寺田屋のような船宿は何件も軒を連ねたそうです。
 
    龍馬伝では、草刈民代さんが演じた
    寺田屋女将・お登勢さんは、

 

Otosesan
    お嫁入りした頃から商才があり、
    船の人足は通常6人編成ですが、
    寺田屋では10人編成にし、
    スピードアップを図ったのだそう。
 
    当時の寺田屋のキャッチコピーは
 
   『大坂に行くなら寺田屋で』だったそうです。
    商売も繁盛し、
    面倒見の良さに惚れ込んだ龍馬や
    藩士達が、好んで常宿にしたのでしょうね。
 
    そして真木よう子さん演じた恋人・お龍さんを、
2umi
     のちに寺田屋に預けるほど、
     男前な気質のお登勢さんへの信頼度も高かったのが
     伺い知れます。
  
14011_2                十石船は、現在遊覧船として運行中です。
○-----13:30 寺田屋14001

---寺田屋事件---
薩長同盟(1866年1月21日)に立ち会った龍馬は、
寺田屋(23日)へ戻った。
その夜、提灯を持った捕り方が、びっしりと寺田屋を囲む。
入浴中のお龍はとっさに風呂から飛び出し
裏階段を駆け上がり、龍馬に知らせた。
長州藩・三好も龍馬に応戦したが、
龍馬は左手に深
傷を負い逃亡した。

材木置き場に、隠れ潜む。
瀕死状態の龍馬は死を覚悟した。
三好は、伏見薩摩藩邸へ駆けつけ
龍馬は、一命をとりとめた。

 

Teradaya

 

2   
      近年、寺田屋は鳥羽伏見の戦いで焼失し、
       再建されたとの見解が出されました。


      ---私は、ここら辺に龍馬さんの伊吹を感じれば
        それは、それで灌漑深いのです---


      そして、遠ざかる意識の中で走り抜けたと云われる
             龍馬通り。
13182 Ryouma
○-----14:30 龍馬商店街。観光名所に。
       幕末のキャラクタグッズ、龍馬寿司、お酒などの
       お店が立ち並んでいます。
       龍馬館にて、船中八策クリアフォルダ購入。1_2  Ryoumakan_2

 

       
       







気になったガチャガチャ。幕末キャラのピンバッチや根付け200円。
勿論やったんだよ(笑

Netuke_2
なんとなく、ふらりと入った喫茶店。
    +*+:;;;: ノスタルジックな店内:;;;:+*+
2_2       床は石畳。 しずか~。
      幕末一色の緊張感が急に緩和され、まったり~・・・

      ここ伏見辺りは、名水で有名、造り酒屋さんが多い。
      出してくださったお水がやわらかく、美味しくてお代り。
2_3       喫茶・九里九馬 伏見区車町273
      
      アーケード街を歩き
○-----15:00 京阪電鉄 伏見桃山駅出町柳行き乗車-三条下車

目的〈3〉酢屋・土佐稲荷岬神社・土佐藩邸跡・近江屋跡
Photo_5

                             15461

 

     三条大橋は東海道五十三次の終点。     
     ---禁門の変で負けた桂小五郎(木戸)は乞食に変装し、
       橋の下に潜み京都脱出のチャンスを伺ってた。


○-----酢屋 16:35着

 

16341        
           酢屋(材木商)
      
       龍馬はここで『才谷』と、偽名を使っていました。
       身の危険が迫っているからです。
       
       姉・乙女さん当てに5Mもの手紙を書きました。      
       寺田屋遭難以来、1867年6月から約4カ月間
       滞在していました。外観は当時そのままです。
       滞在とは言っても、
       大坂・兵庫・長崎・土佐へも出かけていました。
       
       大政奉還の知らせは、ここで受けたようです。

               ---龍馬伝・酢屋で印象的シーンは、
       大政奉還を実現するべく、
       奮闘中の龍馬の噂を聞きつけ、
       武田鉄也紛する 勝麟太郎が、
       酢屋をふらりと訪れ、

       『おまえさんが徳川を残そうとしてくれているのは
        よく分かっている。
        しかし、大政奉還を成すのは、2万もの幕府の人々が
        役目を失うという事だ。幕府を無くすということは、
        おまえさんが思うほど容易なことじゃない。』と説く勝。

       『役目を失った武士は、商人、職人、百姓と同じような
        職に
就けば良いのです。
        皆と同じように
        自分の食いぶちは自分で稼いだらいいのです。』  

 

        言い返す龍馬。
        ごもっともと笑う、勝。---という場面

        そこへ、大政奉還の知らせがはいる。
        『上様は、よう、よう、ご決断された。』と、
        目頭を熱する龍馬。

88_2  

 

            ;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+;;:

15581
      酢屋と平行に流れる高瀬川は当時物流用の運河
      でした。

      高瀬川-伏見-大坂間の連絡に格好の地であるため、
      川沿いには各藩邸も立ち並んでいました。

           
      ギャラリーの方からお聞きしましたが、
       この酢屋さんが、襲撃に遭わず焼失を逃れたのは
       あんち龍馬派の逆恨みを恐れ、
       昭和時代になるまで滞在を内密にしていたからだとか。
      
       そして、なんと レア情報
      
屋根裏から、『あの時』の中岡慎太郎の口述や、
       薩摩藩の云々が発見され、
       2011年11月の追悼展で展示予定だそうです。

Suya
○-----16:45 土佐稲荷岬神社 着
16481_3   16471_2

  





龍馬等がこの神社を崇めていました。


○-----16:55 近江屋跡 着 

16551_2
     四条辺りの地主 井口新助さんの醤油屋でした。
     井口新助さんは、裏庭の土蔵に一室をこしらえ、
     かくまい、住まわせていました。
     しかし、数日前から風邪をこじらせていた龍馬は、
     14日、近江屋の二階に移ったそうです。
              
     そして翌日、慶応3年11月15日
     わずか33年の生涯を志半ば。
          暗殺されてしまいます--------------。
     同席していた、陸援隊・中山慎太郎は、
     その、二日後に、命をおとします。
     
Photo_5           :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

   なんだか気持が落ち込んでしまいますが、
   近江屋は河原町通りに面し人も車も往来が激しく、
   しんみりできる、場所ではありませんでした。

--------------------------------------------------

     
 新幹線までの時間があるので、
      祇園を、ぶらつく。
      ちりめん屋『ハナビラヒトツ』さんに入る。
      広々として、可愛らしいグッズが沢山あり、
      目移りしながらお土産を買う。

      JR京都駅に戻る。
      
○-----19:15 京都駅地下 カフェグリル 東洋亭      
      ご飯屋さんは何処も行列でしたが
      がっつり、お肉が食べたい!!と、並びました~。
         OH!! 美味しそう。
19091 19211         トマトサラダ付き東洋亭風ハンバーグ定食。
         &ビール。パンは4種類で、お代り自由。

        トマトはひんやり。
        ハンバーグは、あっつあつ。
        ボイルポテトは丸ごと。
        がっつりしていて、本当に、美味しかった~。
        ご馳走さまでした。

○-----20:38 京都発-21:21名古屋着        

        京都滞在、約9時間歩きまわり、
        めちゃくちゃ疲れたけど、心底楽しい旅でした。

        下調べ完璧だったでしょ~。
        のりっP、丹○さ~ん。また、いつか、計画しようね。
        
        次回は、高知・長崎の旅ぜよ~

 

 

« 毎日お弁当お疲れさまです。 | トップページ | 中学校の講習へ出かけました・ミサンガ作り »

<12>*ふつうの日記*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 毎日お弁当お疲れさまです。 | トップページ | 中学校の講習へ出かけました・ミサンガ作り »

フォト

minneにて販売中です

手芸の事なら・・・

....和柄生地

無料ブログはココログ